あなた∞小坂明子∞YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

あなた∞小坂明子
∞YouTube音楽

サイト紹介 description: あなた Live - 小坂明子 [YouTube音楽] 瑞々しい透き通った歌声で一躍人気者、大ヒットしミリオンセラーに。女の子の
ささやかな夢を思い描く歌唱に感動です。作詞・作曲:小坂明子 '73年12月21日シングルリリース これからも歌い継がれていくのでしょうw

スポンサードリンク
ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > あなた Live - 小坂明子

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy あなた Live

音符|YouTube音楽館 「あなた Live - 小坂明子」

 

あなた - 小坂明子 瑞々しい透き通った歌声で、一躍人気者にw
自作自演のこの曲はミリオンセラーとなった。
女の子の"ささやかな夢"を思い描く歌唱力!!
1974年 世界歌謡祭の映像、これベスト。。



^^ ^^ ^^
小坂明子 あなた ミリオンセラー 女子校生 青春 女の子 ささやかな夢 乙女の純真な想い 世界歌謡祭 YouTube音楽


 

あなた ジャケット - 小坂明子"あなた" - 小坂明子
1973年春に大ヒット。
作詞・作曲:小坂明子
編曲:宮川泰
1973年12月21日シングルリリース

 すばらしいメロディーも、女の子のささやかな夢
を描いている詩も、心に響き、感動的です。
 この曲を作った彼女が高校2年生だと言う事に、
思い入れたっぷりに切々と唄い上げてる所に、
また驚きます。

 小坂明子の「あなた」世代の私ですが、この曲
は、これからも歌い継がれていくのでしょう。w
スポンサードリンク


彼女の澄み切った高音、あの歌声が懐か しい〜思い出の曲です!
母音の後でちょっと声が上ずる所や裏声の使い方に脱帽。日本の情緒があって瑞々しい
この歌には、最後サビの繰り返しに、いい年のオヤジでもグッときて、蕩けちゃいそう。

青春の時代は、いつの世も、こんな女の子の夢って、みんな持っているのかな。。
電車の中で、堂々と手鏡かざして化粧を思いっきりしてる "そこのあなた"どうなの。。


「あなた」が作られた時は、まさに高度成長の時代 本曲が作られた時は、まさに高度成長の時代。
でも時代背景は異なっても世代を超えた
エバーグリーンの曲。今日にも心に染みる♪
日本の高度成長期の映像をお楽しみ下さい!



^^ ^^ ^^
時間の進みが速くなった今の時代だからこそ、じっくりと聞きたい曲です。

当時 斬新な登場の仕方で衝撃的。ピアノ弾き語 り、世界歌謡祭、自作であるとか。
1973年第4回世界歌謡祭にて、最優秀賞・グランプリを受賞。オーケストラの大波の中で、
ピアノを弾き歌い上げるなんて歌唱力は凄い!この天才は今も音楽の世界で活躍中。

  「この曲のエピソード」
・ガロに会いたくて、ガロのために、この曲を作ったと。
・お父さんに作 って貰ったんだろうと、みんなに疑われたと。・・指揮者、小坂務の娘。
・ケント・デリカットが、宣教師として初めて日本へ飛行機でやってきた時、
 東洋の未知の国へ来るのが不安で仕方なかったが、機内でこの曲を聴いて、
 日本にはこんな素晴らしい歌があるのかと感動して、大丈夫だって思ったと。

レコード会社は売る気がなく、宣伝もしなかったのに、自力で大ヒットした曲だった。
そういう時代だった。。

音符  音符  音符

 




・・ あとがき ・・
『愛しいあなたは今何処に?』ってのは、"まだ見ぬ愛しいあなたは何処にいるの?"って
事なのかと、今まで思ってたけど、うかつにも今気づいたのですが、そうじゃなくて、少し悲しい
内容だったんだと。。 これは、今いない「あなた」への想いをうたったのですね。

"こんな家を建てこんな生活を"は、70年代の象徴になっていた新興住宅のモチーフですが、
詞の構成からは、少女の夢、乙女の純真な想いの象徴的なものとは関係がなくって、
好きだった相手との別れがありながらも、未練ぽく彼との生活を独り勝手に想い描きながら、
"わたしの横にはあなたがいて欲しい。今でも。"と、危なっかしく歌っていると、実感します。

それは艶かしくもあり女の生き様として至極有体の事と言え、それはそれでいいのでは。^^




マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved