武士の一分 映画音楽 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

武士の一分 映画音楽
サウンドトラック YouTube音楽

サイト紹介 description: 武士の一分 - 映画音楽 サウンドトラック [YouTube音楽] 2006年 同名映画(山田洋次監督)の主題曲。藤沢周平の時代劇を
通して、夫婦の愛しくも切ない情感を繊細に描く感動作。木村拓哉、壇れいの名演技に、藤原道山の尺八の音が咽び鳴き、心の奥に響きます。w
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 武士の一分 - 映画音楽 サウンドトラック

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 武士の一分 映画音楽
サウンドトラック

音符|YouTube音楽館 「武士の一分 - 映画音楽 サウンドトラック」

 

武士の一分 - 映画音楽 サウンドトラック◆YouTube音楽 2006年 同名映画(山田洋次監督)の主題曲。
藤沢周平の時代劇を通して、夫婦の愛しくも
切ない情感を描く感動作。木村拓哉、壇れいの
名演技に、藤原道山の尺八の音が咽び鳴く。



^^ ^^ ^^
武士の一分 主題曲 木村拓哉 壇れい 山田洋次監督 藤沢周平 尺八:藤原道山 映画音楽 サウンドトラック YouTube音楽
『山田洋次監督関連のリスト』 ・武士の一分 - 映画音楽 ・隠し剣 鬼の爪 - 映画試写会


 

映画 「武士の一分」 - DVDジャケット

 

更に”武士の一分”を探す!
武士の一分 DVD

 

主な出演者:
木村拓哉、壇れい

 

監督:山田洋次
原作:藤沢周平

 

音楽:冨田勲
尺八:藤原道山

 

公開日:
2006年12月1日

 同名の主題曲は、純和風な雰囲気にして、映画のテーマにしっくりと来て、心の奥に響く素敵な曲です。
スポンサードリンク

主演に木村拓哉を抜擢し、夫婦の愛情と白刃閃く復讐譚を描いたこの作品は、日本中の観客の心を打ち、
超ロングラン興行を記録した傑作であり、すべての日本人男女に捧げられた、日本映画の感動作品です。




武士の一分 PV - 尺八:藤原道山

「武士の一分」 PV
・・同名映画「武士の一分」
の主題曲です。

 

 - 音楽:冨田勲
   尺八:藤原道山

 藤原道山、デビュー10周年記念アルバム『天 -ten-』より。

^^ ^^ ^^
道山の名演奏による「武士の一分」をお聞き下さい。彼の演奏スタイルと素顔が見えます。



映画「武士の一分」のファイナルクリップ この映画のサビ、ファイナルクリップ!
何時までも、心に残るエンディングです。

 

夫婦、男女の中、こうありたいものです。



^^ ^^ ^^
「武士の一分」は、2006年制作 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作のフィナーレを
飾るヒューマンドラマ。主演に木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。

妻役の檀れいや、かたき役の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、
日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいする。

  「武士の一分」とは、侍が命をかけて
 守らなければならない名誉や面目の意味。

  そのタイトルが指し示す人間ドラマは、
 夫婦の人情話のレベルを超えた機微を描き、
 観るものの心を揺さぶる感動巨編となって
 います。


  木村拓哉、壇れいの演技が光っていて、
 コレ見て、直ぐ ”壇れい”のファンになりました。

  それ以来、”金麦”を飲んでます。w
壇れいと金麦ビール



檀れい CM サントリー ビール 金麦 おしゃべりな昼下がり篇

檀れい CM
サントリービール 金麦
おしゃべりな昼下がり篇
☆2009年4月〜

あいやー、
いいなCM、いい女!

檀れい、透明感あって
好きだ。w

^^ ^^ ^^
檀れい CM サントリー ビール 金麦 おしゃべりな昼下がり Dan Rei Commercial Message


.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・.:*・゜.:*


■『武士の一分』(ぶしのいちぶん)
2006年製作の日本映画。原作は、時代小説『盲目剣谺返し』(『隠し剣秋風抄』収録、
藤沢周平作)。山田洋次監督による「時代劇三部作」の、『たそがれ清兵衛』・『隠し剣 鬼の爪』
に続く第3作で、興行収入は、40億円を超え、松竹配給映画としての歴代最高記録(当時)を樹立した。

[ストーリー]
幕末時代の海坂藩。藩主の毒見役を務める侍、三村新之丞は、妻・加世と慎ましくも
幸せに暮らしていた。だがある日、毒見の際に食べた貝の毒に中り失明してしまう。
この一件から一時は絶望するも、加世の支えもあり、光の無い世界に慣れてきたある日、
加世と番頭・島田藤弥との不貞を知ってしまう。
島田に体を預けることを引き換えに家禄を保ってきたことを知った新之丞は加世を離縁。
その後、実は島田は加世を弄ぶために家禄を口実に加世を騙したことを知り、
島田に対し、自らの「武士の一分」を賭けて、果たし合いに挑む。…。。

[スタッフ]
監督:山田洋次、プロデューサー:深澤宏、山本一郎
脚本:山田洋次、平松恵美子、山本一郎、音楽:冨田勲
主演:木村拓哉、共演:宝塚出身の檀れい

[製作委員会]
松竹、テレビ朝日、住友商事、博報堂DYメディアパートナーズ、日本出版販売、
J-dream、読売新聞、TOKYO FM、Yahoo!JAPAN、マガジンハウス、朝日放送、メ〜テレ


小藩の下級武士である極普通の主人公が、妻との慎ましくも幸せな生活を
踏みにじられた時、一人の男としての尊厳を懸け毅然と立ち上がる姿を描く。
キャッチコピーは、”人には命をかけても、守らねばならない一分がある”。

映画共々、主題曲も高い評価を受けました。・・昔の映画になりましたが、
オススメします!新しい人生観が得られるかも。。です。

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved