蒲田行進曲 松坂慶子 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

蒲田行進曲
松坂慶子 YouTube音楽

サイト紹介 description: 映画「蒲田行進曲」主題歌 - 松坂慶子 [YouTube 音楽] 夢あふるるキネマ世界の華やかな魅力が、素晴らしい日本語詞と楽曲
で再現されています。映画に夢と青春をかける、3人の男女が織りなす人間模様は哀歓に富んでいて、日本キネマ興隆期にふさわしい活劇です。
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 映画「蒲田行進曲」主題歌 - 松坂慶子

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 映画「蒲田行進曲」
主題歌

音符|YouTube音楽館 「映画「蒲田行進曲」主題歌 - 松坂慶子」

 

映画「蒲田行進曲」主題歌 - 松坂慶子◆YouTube音楽 夢あふるるキネマの世界の華やかな魅力が、
素晴らしい日本語詞と楽曲で、余すところ無く、
見事に再現されています。
今も、それへの憧れは、止む事はありません。



^^ ^^ ^^
映画 蒲田行進曲 主題歌 松坂慶子 風間杜夫 平田満 JPOP YouTube音楽


 

蒲田行進曲 サントラ盤 ジャケット "蒲田行進曲"

1995年04月01日
On Sale

歌うは主演の三人
 松坂慶子、
 風間杜夫、
 平田満

 映画「蒲田行進曲」の主題歌
 作詞:Brian Hooker、日本語詞:堀内敬三
 作曲:Rudolf Friml

 堀内敬三が、米留学で仕込んできた歌で、趣向を
キネマの天地に変えたその日本語詞が素晴らしい!
スポンサードリンク


蒲田行進曲 映画DVD ジャケット   蒲田行進曲

1 虹の都 光の港 キネマの天地
  花の姿 春の匂い あふるるところ
  カメラの眼に映る かりそめの恋にさえ
  青春もゆる 生命(いのち)はおどる キネマの天地

2 胸を去らぬ 想い出ゆかし キネマの世界
  セットの花と 輝くスター ほほえむところ
  瞳の奥深く 焼き付けた面影の
  消えて結ぶ 幻の国 キネマの世界

3 春の蒲田 花咲く蒲田 キネマの都
  空に描く 白日の夢 あふるるところ
  輝く緑さえ とこしえの憧れに
  生くる蒲田 若き蒲田 キネマの都



『蒲田行進曲』(かまたこうしんきょく)

松竹キネマ(現・松竹株式会社)蒲田撮影所の所歌で、原曲はプラハ生まれの作曲家
ルドルフ・フリムルRudolf Friml の、1925年のミュージカル「放浪の王者 The vagabond king」の
中の「放浪者の歌(Song of the vagabonds)」であり、

日本では、その旋律に、堀内敬三が日本語歌詞を付けて、昭和4年(1929)公開の
松竹映画「親父とその子(1929年、監督・五所平之助)」の主題歌として発表された。
..この作品が制作された蒲田撮影所は、大正9年(1920)から昭和11年(1936)まで、
東京・京浜東北線の蒲田駅東口にありました。撮影所は、その後、
神奈川県大船に移転し、数々の名作を生みましたが、それも今はもうありません。

その、1929年(昭和4年)8月には、川崎豊と曽我直子のデュエットで、
コロムビアからレコードが発売され大ヒット、一世を風靡した流行歌となりました。

近年『蒲田行進曲』が有名になったのは、昭和57年(1982)の同名の松竹映画で、
松坂慶子・風間杜夫・平田満の3人にカバーされ、映画の主題歌に使われた事によります。



■映画「蒲田行進曲」予告編

映画「蒲田行進曲」予告編◆YouTube動画 華やかな撮影所を舞台に、スターと大部屋役者、
落ち目の女優とのややこしい人間模様を描く劇。
クライマックスシーンの、10メートルの高さの階段
から転がり落ちる「階段落ち」は、今もって圧巻!



^^ ^^ ^^
時代劇のメッカ、京都撮影所。人情に篤いが激情家なのが玉にキズの大スター銀ちゃんと、その
銀ちゃんに憧れる大部屋俳優のヤス。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが女優の小夏を連れてやって来た。
銀ちゃんの子を身ごもった小夏を、スキャンダルになるからとヤスに押し付けに来たのだった……。w

撮影所を舞台に、スターと大部屋俳優の男、そして落ち目の女優の奇妙な人間模様を軸に、撮影所の
舞台裏を織り交ぜて描いた、ちょっと辛口の、「これぞ日本映画」って感じでパワーがみなぎる人情喜劇です。
松坂慶子・風間杜夫・平田満のキャスティングがハマっていて、それぞれの役を好演し、見ごたえありです。


〜作品解説〜

「新選組」の撮影真っ最中の京都の映画撮影所を舞台に、土方歳三役の俳優・倉岡銀四郎(銀ちゃん)
を中心に繰り広げられる、人間味溢れる活劇。その上演用戯曲を書いた"つかこうへい"自身が、小説化し、
『蒲田行進曲』と改題、加筆の上、同年11月に単行本化され、1982年1月には第86回直木賞を受賞した。


映画は、同名の小説を、"つかこうへい"自身が映画向けに脚色し、深作欣二が監督した作品で、
1982年に、松竹と角川春樹事務所が共同製作した、いわゆる角川映画として、松竹系で公開された。

もともと『蒲田行進曲』は、松竹の蒲田撮影所を舞台としているものの、"つかこうへい"は、東映京都
撮影所の大部屋俳優である"汐路章"の階段落ちの逸話を、汐路が、テレビ『徹子の部屋』で語った事で
知り、それをモデルに執筆したものであり、実際は時代劇全盛期の東映京都の物語と解釈されている。

その謂れからか、撮影は松竹の撮影所でなく、あえて、時代劇のメッカ、東映の京都撮影所で撮影する
という異例の試みが取られた。監督も、東映出身の深作欣二となった。

本映画は大ヒットを記録し、アンコール上映も行われ、第6回日本アカデミー賞をはじめ、
映画界の各賞を多数受賞した。



■蒲田行進曲 川崎豊・曾我直子 伴奏:松竹ジャズ・バンド

 


蒲田行進曲 川崎豊・曾我直子 伴奏:松竹ジャズ・バンド

1929年(昭和4年)8月、

 

曽我直子と川崎豊の
デュエットで、

 

コロムビアからレコードが
発売され、大ヒットした。


^^ ^^ ^^
虹の都 光の港 キネマの天地 花の姿 春の匂い あふるるところ……、
夢いっぱいのキネマの世界の華やかな魅力が、余すところ無く、見事に歌われています。


いろんな映画音楽がありますが、この音楽は、"つかこうへい"の物語を想うと、とても熱く、
その熱気に飲み込まれてしまい、最後には感動してしまいます。この曲はまさにそういうものです!

映画も、後先考えない無鉄砲で身勝手な昭和のダメ男と、いつも男に振り回されてしまい、ロクに
文句も言えない昭和の待つ女が堪能できる、昭和最後の傑作映画です。もち軽快な音楽も最高です。


...本曲は、今、JR東日本・京浜東北線・蒲田駅の発車メロディとしても使われています。^^

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved