舞-HiME 目覚め 梶浦由記 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

舞-HiME 目覚め
梶浦由記 YouTube音楽

サイト紹介 description: 舞-HiME 目覚め 梶浦由記 [YouTube 音楽] アニメ版サウンドトラック! TVアニメ 『舞-HiME』のBGMで流れ、曲調と"梶浦語"
のコーラスで、少女の目覚めを幻想的に描く。『舞-HiME』は、「萌えキャラ」のメディアミックス作品で、学園を舞台に生徒達の友情と恋愛を描く。
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 舞-HiME目覚め」 AMV - 梶浦由記

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 舞-HiME 「目覚め」 梶浦由記

音符|YouTube音楽館 「舞-HiME 「目覚め」 AMV - 梶浦由記」

 

舞-HiME 「目覚め」 AMV - 梶浦由記◆YouTube音楽 アニメ版サウンドトラック:TVアニメ 『舞-HiME』
のBGMとして流れ、曲と "梶浦語"とで、少女
の目覚めを、幻想的に描き出しています。w
...本曲はインスト扱いであり、コーラス不詳。。



^^ ^^ ^^
舞-HiME 目覚め AMV 梶浦由記 JPOP TVアニメ BGM オリジナルサウンドトラック YouTube音楽
『梶原由記の音楽リスト』 ・canta per me ・舞-HiME 「媛星」 ・舞-HiME 「目覚め」 ・ノワール全集


 

舞-HiME オリジナルサウンドトラック VOL.1 ジャケット "目覚め"
  歌:梶浦由記

 

アニメ版
 サウンドトラック
2004年12月22日
 CD On Sale

 

作詞・作曲・編曲:
 梶浦由記

 TVアニメ 『舞-HiME』 オリジナルサウンドトラック
Vol.1 〜姫〜 の23曲目に収録されている。

 曲調と通称"梶浦語"で異次元が現され、ワンダー
なコーラスと相俟って、幻想感を醸し出しています w
スポンサードリンク


梶浦由記の画像■梶浦 由記(かじうら ゆき、1965年8月6日 - )

日本の作曲家、作詞家、音楽プロデューサー。東京都出身。
小・中学生の時に、ドイツに在住していた。

アニメやゲームを中心として、CM、映画などの分野で活躍中。

独特な深みのある楽曲は「梶浦サウンド」と称されていて、その特徴は、ボーカルと互いに
競い合うかのような重厚な、バックコーラスワークを多用する点にあります。

 

一つの歌のフレーズにおいてボーカルを軸にし、それを高低で挟んでハモらせる手法、あるいは、
フレーズAに対してフレーズA´とフレーズBを同時に重ねるという手法で本曲もその例に洩れずです。

ちなみに本曲は、インストゥルメンタル扱いで、コーラス歌手についての表記はありません。



目覚め Live - 梶浦由記◆YouTube動画 「目覚め」 - 梶浦由記

  LIVE @2008.07.31



^^ ^^ ^^
通称「梶浦語」と、本人が自負して呼んでいる独自の造語(スキャット or ヴォカリーズの様なもの)
が、Yukiiの世界! 『MADLAX』における「nowhere」の、「ヤンマーニ」という造語のコーラスが有名。

本人がその詳細を明かさないため、本当は何と歌っているかは不明で、以前から彼女は常に、
「どう聞こえるかは本人に任せる」とコメントしています。 これへのファンは多く、私も大好きです。w

■AMV アニメ・ミュージック・ビデオ Anime Music Video とは?

 

日本のアニメ映像に曲を合成、編集したミュージック・ビデオで、大抵の場合は、AMVと表記される。
AMVは、メーカーや代理店によって公式にリリースされるものではなく、アニメファンなどが、ファン活動
の一環として制作し、アニメコンベンションやアニメクラブで上映、またインターネットで配布している。

AMVを製作、鑑賞しているのは主に海外のアニメファンである。日本で同様のアングラ活動は、MAD
ムービーの名で知られ、少数ではあるが、日本人AMV製作者もAnimeMusicVideo.orgで活動している。

インターネット時代の前から、AMVはアニメエキスポやAnime Weekend Atlantaなどの
アニメコンベンションで上映会やコンテストで披露されてきた。
海外においては、コスプレなどと同様に、アニメファンの文化としての地位を確立している。

・・なお、本YouTuve動画は、日本人の手によるものです。^^

■舞-HiME(まいひめ) とは?

 

サンライズが中心となって展開している、テレビアニメ、漫画、ラジオ、ドラマCDなどからなるメディア
ミックス作品。私立風華学園を舞台に生徒達の友情と恋愛、戦いを描く。コミックス版は単行本全5巻。
・キャッチフレーズは「サンライズ初の萌えアニメ」。

・タイトルの由来は、様々なタイプのいわゆる「萌えキャラ」が登場することから、「自分自身にとって
の(My)お姫様(HiME)を見つけて下さい」
という制作者の主張が込められている。
北米でのタイトルが"My-HiME"であることからも分かる。

元ネタは、小田急電鉄のHiSE (High-decker/High-grade/High-level Super Express) である。
森鴎外の小説「舞姫」との直接の関係はない。

・『舞-HiME』は様々なメディアで展開されているが、それぞれで展開する内容、設定などが異なる。
これは谷口悟朗クリエイティブプロデューサーの方針による。

谷口は、監督作『スクライド』のコミック化の際に、「メディアミックス展開ができるのだから、アニメと
同じものを作らないで欲しい。どんな展開でも認めるから。」と、主張して、それを実現させており、
『舞-HiME』でもそれが踏襲された。

・アニメは、2004年9月から2005年3月まで、テレビ東京系列(TXN)及びAT-Xで放送された。
CSチャンネルでは、チャンネルNECOでも放送された。2009年9月11日よりBS11、2009年12月14日よりアニマックスでも放送されている。

直接的な関わりのない後継作品『舞-乙HiME』の登場により、「舞-HiMEプロジェクト」
と呼ばれる企画の第1弾となった。

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved