戦場のピアニスト ショパン:ノクターン第20番 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

戦場のピアニスト
ショパン:ノクターン第20番
YouTube音楽

サイト紹介 description: 映画「戦場のピアニスト」テーマ曲 - ショパン:ノクターン第20番 [YouTube 音楽] 死後1875年に出版された夜想曲で、
20歳頃の作品。「戦場のピアニスト」テーマ曲に用いられ一躍有名に。フジ子・ヘミングの演奏版も収録、彼女の絵画集と共に、どうぞ!
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 映画「戦場のピアニスト」テーマ曲 - ショパンノクターン第20番

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 「戦場のピアニスト」テーマ曲
ショパン:ノクターン第20番

音符|YouTube音楽館 「戦場のピアニスト テーマ曲 - ノクターン第20番」

 

映画「戦場のピアニスト」テーマ曲 - ショパン:ノクターン第20番◆YouTube音楽 映画 『戦場のピアニスト』 のテーマ曲
ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調 (遺作)
piano:Mikhail Pletnev ミハイル・プレトニョフ
美しいピアノの旋律と音色に心が癒されます



^^ ^^ ^^
映画 戦場のピアニスト ショパン ノクターン 第20番 The Pianist Main Theme Chopin Nocturne No.20 YouTube音楽

ショパンの死後、1875年に出版された夜想曲ですが、作曲年代は若く、
20歳頃の作品と云われています。

ショパン特有のセンチメンタルな旋律が奏でられますが、途中では、
その頃書いていたヘ短調のピアノ協奏曲の第2楽章からのモチーフが顔を出します。
ただ、若干不自然な部分もあり、ツギハギがうまく行っていない印象もあります。w

美しくも物悲しい曲が、"Mad World"を醸し出しています。

ピアノの鍵盤と線路って、似ていますね。笑
... 線路はアウィシュビッツ捕虜収容所の塀の中へと続いています。



 

映画『戦場のピアニスト』 原題:The Pianist◆DVDジャケット

 

〜原題:The Pianist 〜
2002年 映画
『戦場のピアニスト』

 

仏・独・英・
ポーランドの合作

メインテーマ曲:

 

ノクターン(夜想曲)
第20番 嬰ハ短調
「遺作」 - ショパン

The Pianist Soundtrack - Main Theme
Frederic Chopin: Nocturne No.20 cis-moll Op.posth
スポンサードリンク

ロマン・ポランスキー監督の映画「戦場のピアニスト」のメインテーマ曲に用いられて、
本曲は、音楽関係者のみならず、一般の人達にも、一躍有名になりました。


フジ子・ヘミング絵画集

フジ子・ヘミング絵画集 ♪Chopin:夜想曲 第20番 遺作◆YouTube音楽 ♪Chopin:夜想曲 第20番 遺作
Piano:フジ子・ヘミング Ingrid Fujjko Hemming
彼女自身が描き上げた絵画を、
自らが演奏する美しいピアノの調べと共に...



^^ ^^ ^^
フジ子さんの絵画、中々のものです。彼女の名演奏と共に、どうぞ!・・どちらも優しく癒し系です。w


『戦場のピアニスト』予告編 The Pianist Trailer

『戦場のピアニスト』予告編◆YouTube音楽 The Pianist - "Mad World"
本当に、いい映画でした。
奇跡のピアニスト Wladislaw Szpilmanを、
starring Adrien Brodyが好演しています。



^^ ^^ ^^
The Main Theme, Nocturne in C-Sharp Minor by Frederic Chopin, used for
the film "The Pianist" was one of Wladislaw Szpilman's favorites.


.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・.:*・゜.:*


■映画 『戦場のピアニスト』 原題: The Pianist
2002年の映画で、フランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作である。

ナチス・ドイツのポーランド侵攻以後、ワルシャワの廃墟の中を生き抜いたユダヤ系
ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を元にしている。

ストーリー
ラジオ局のスタジオでピアノ演奏をしているのは、ウワディスワフ・シュピルマン。
彼はポーランドのユダヤ人ピアニストであったが、1939年9月、その生活は一変する。

第二次世界大戦が勃発し、ナチスドイツはポーランド侵攻を開始、
ラジオ局はドイツ空軍による突然の爆撃を受け倒壊するが、シュピルマンはなんとか脱出する。

脱出の混乱時、友人ユーレクの妹、ドロタと出会う。帰宅した彼は、
イギリスとフランスがドイツに対して宣戦布告をしたことを海外のラジオ放送で知り、
戦争は早期に終結すると信じて家族と共に喜ぶ。

ドイツ軍が通過したあともワルシャワは親衛隊に占領され、ユダヤ人の生活は悪化した。
やがて・・・ ・・・。


カンヌ映画祭では、最高賞であるパルムドールを受賞した。

アメリカのアカデミー賞でも7部門にノミネートされ、うち監督賞、脚本賞、主演男優賞の3部門で受賞。
主演のエイドリアン・ブロディは、この作品で、アカデミー主演男優賞を受賞した。

他にも各国で多くの賞を受賞している。


また、本映画の中でシュピルマンが弾き、象徴的に使われたショパンの
”夜想曲 第20番 嬰ハ短調 「遺作」”が、一般によく知られる様になった。

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved