林檎の花咲く町 高石かつ枝 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

林檎の花咲く町
高石かつ枝 YouTube音楽

サイト紹介 description: 林檎の花咲く町 PV - 高石かつ枝 [YouTube 音楽] 昭和38年のヒット曲。作詞:西條八十/作曲:上原げんと 同名の
東宝映画の主題歌で、高石かつ枝の代表的な曲となった。映画は青春ドラマで、当時の彼女はまだ17才。セーラー服のよく似合うこと。
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 林檎の花咲く町 PV - 高石かつ枝

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 林檎の花咲く町 PV

音符|YouTube音楽館 「林檎の花咲く町 PV - 高石かつ枝」

 

林檎の花咲く町 PV - 高石かつ枝◆YouTube音楽 昭和38年のヒット曲です。同名の東宝映画の
主題歌で、高石かつ枝の代表的な曲となった。
映画は青春ドラマで、当時の彼女はまだ17才。セーラー服のよく似合うこと。…歌詞付き!w



^^ ^^ ^^
林檎の花咲く町 PV 高石かつ枝 JPOP 東宝映画 「林檎の花咲く町」主題歌 YouTube音楽

楽しかった高校時代が蘇えって来る様な、この歌と映像が大好きです。
映像と一緒に、この曲が3番まで聞けて、うれしいです!!

私は、高石かつ枝をリアルタイムで知らない世代ですが、当時の映像や音源を聴くだけでも、
その瑞々しい魅力が伝わってきます。高石たちの息遣いが聞こえてきそうなリアルな映像に、
あの時-代に帰りたい思いにかられます。


彼女が準主演してヒットした映画「林檎の花咲く町」は、DVD化されていないため、
視聴は難しいのですが、2008年9月に、CS放送の日本映画専門チャンネルで放映されました。



 

林檎の花咲く町 - 高石かつ枝◆CDジャケット 林檎の花咲く町

 

高石かつ枝

 

1963年2月
コロムビア

作詞:西條八十
作曲:上原げんと

映画 「林檎の花咲く町」 (1963年、東宝、白川由美主演)に、女子高生”池端真由美”役で準主演して、人気を確立した。彼女が歌う同名の本主題歌もヒットし、年末の第14回NHK紅白歌合戦に初出場した。
スポンサードリンク


高石かつ枝のデビュー曲は、”愛染かつら”の主題歌「旅の夜風」です。
《旅の夜風》を歌っていた時は、まだ16歳。もう『可愛い子供は 女の命〜』と歌い
こなしていたなんて凄い!ファンならずとも聞き覚えのある人が多いのでは。




リンゴの花咲く町 CD音源(高音質) - 高石かつ枝

リンゴの花咲く町
CD音源(高音質)

 

 - 高石かつ枝

尚、B面は
「月の十和田湖」

^^ ^^ ^^


りんごの花咲く町 NHK紅白 - 高石かつ枝◆YouTube音楽 主題歌がヒットし、第14回NHK紅白に初出場。
この年、華々しくデビューした舟木一夫が、学生服で出場。対抗して、高石かつ枝はセーラー服で出場して、話題になった。歌も可憐です。



^^ ^^ ^^

この第14回紅白は映像が現存し、高石の歌唱シーンも含め全編がNHKBS-2で再放送されている。


.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・.:*・゜.:*


■高石 かつ枝(たかいし かつえ、1946年7月18日‐ )
昭和期の歌手。本名伊藤 宏子(旧姓山崎 宏子)。神奈川県横須賀市出身。

1962年(昭和37年)、松竹「愛染かつら」の再映画化に際し、ヒロインの名前をとった新人歌手
「高石かつ枝」募集に応募し合格。同映画主題歌「旅の夜風」で日本コロムビアからデビュー。


■映画 「林檎の花咲く町」
原作は辻美沙子さん、雑誌「家の光」の懸賞小説の当選作だった。

主演は白川由美。高石かつ枝は、準主役で、映画初出演だった。
セーラー服の女子高生を可愛く演じて、全国の中高生を夢中にさせたとか。
ホントに、セーラー服がよくお似合い・・・です!

相手役は長谷川明男さん。彼もこの映画がデビューだったとか、です。

映画で見せた初々しい演技は大好評、もちろん歌も大ヒットし、
彼女はその年、昭和38年の紅白歌合戦に「林檎の花咲く町」をひっさげて初出場しました。


映画 「林檎の花咲く町」のショット 映画 「林檎の花咲く町」
(1963年、東宝)のショット

主演は白川由美

高石かつ枝は、
女子高生”池端真由美”
役で準主演して、
人気を確立した。


1960年代を代表する青春歌謡歌手の一人であるが、活動期間は、
1962年(昭和37年)〜1968年(昭和43年)と短い。

民謡、演歌、コミカルソング、タンゴ調の曲、青春歌謡、抒情歌等、多岐に亙って
総花的であり、結果としてファン層を絞りきれなかった一因にもなっている。

また、高石は、戦前歌謡を知る年齢層をターゲットにスタートしながら、
結果的に対象を見極めきれずに終わった、と言われています。

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved