太陽がいっぱい 映画音楽 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

太陽がいっぱい 映画音楽
YouTube音楽

サイト紹介 description: 太陽がいっぱい Plein Soleil - 映画音楽 soundtrack [YouTube音楽] 1960年 仏・伊の合作映画主題曲 サントラ盤
ニーノ・ロータ楽団 映画共々、主題曲も世界でヒット。 サスペンスに満ちた、映画史に残る不朽の名作。アラン・ドロン主演作品の1つ!!

スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > 太陽がいっぱい Plein Soleil - 映画音楽 soundtrack

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 太陽がいっぱい 映画音楽

音符|YouTube音楽館 「太陽がいっぱい Plein Soleil - 映画音楽 soundtrack」

 

太陽がいっぱい オリジナルサントラ盤|YouTube音楽 1960年映画「太陽がいっぱい」の主題曲
cinema clip ・・「太陽がいっぱい」予告映像
アラン・ドロン主演、映画史に残る不朽の名作!!
オリジナルサントラ盤 ニーノ・ロータ楽団



^^ ^^ ^^
太陽がいっぱい Plein Soleil アラン・ドロン Alain Delon 映画音楽 サウンドトラック ニーノ・ロータ Nino Rota YouTube音楽
『映画音楽のリスト』 ・栄光への脱出 ・ひまわり ・個人教授 ・マディソン郡の橋 ・太陽がいっぱい


 

映画「太陽がいっぱい」ジャケット映画 "Plein Soleil "
 「太陽がいっぱい」

1960年 仏・伊 合作映画

監督脚本:ルネ・クレマン
音楽:ニーノ・ロータ

 トム ・・ Alain Delon アラン・ドロン
 マルジェ ・・ Marie Laforet マリー・ラフォレ
 フィリップ ・・ Maurice Ronet モーリス・ロネ

公開当時、映画共々、主題曲も世界で大ヒット。
...公開 フランス 1960年3月10日、日本 1960年6月?日
スポンサードリンク

^^ ^^ ^^
映画を見たことがない人にも、ニーノ・ロータの哀切漂うメインテーマ曲は広く知られている。

 パ トリシア・ハイスミスの小説「才人リプレイ君」(邦訳題名、『太陽がいっぱい』、『リプリー』)を
原作にした、サスペンスタッチに満ちた一級作品で、俳優アラン・ドロンの主演作品の1つ。w


太陽がいっぱい 映画クリップ|YouTube音楽 "Plein Soleil" cinema clip

昔の映画ですが、オススメします!
新しい人生観が得られるかも。。



^^ ^^ ^^


太陽がいっぱい 映画 エンディングシーン|YouTube音楽 "Plein Soleil" cinema Ending Scene.

この映画のハイライト!
何時までも心に残るエンディングシーンです。



^^ ^^ ^^
ボンビー青年トムが、富豪の友人フィリップを殺害。そして、彼に成り済まし財産を
奪おうとする。 身分証の偽造や筆跡の練習、トムの緻密な計画は完璧に見えたが ……。

トムの犯行が緻密かつ大胆で飽きさせない。 冷徹な青年にアラン・ドロンが扮する、色褪せ
ない名作、眩しいほどの美しさとまさかの結末。 アラン・ドロンがギラギラしている、若さの結晶。
そう、若さ = 太陽を前面に押し出した、素晴らしいサスペンス映画です。

音符  音符  音符

 




何十年も前の映画ですが、今もって、「映画」と「映画音楽」が記憶の中で生きています。

太陽を求めたトム! 犯罪者なのですが、観ていて素直に自然に心情が伝わってきます。
犠牲を払い、罪を背負いながらも、手に入れたいものを全て手に入れ.る、その執念の生き様に、
疑問の余地なく共感できる、どこまでも「甘美であること」を追求した映画、心に残ります。

あまりにも評判が高くて、中学生の頃、この映画を観に行って、
日本古来の安直な"勧善懲悪"しか知らなかった私は、衝撃を受けてしまいました。
彼の地で、こんな映画が作られている!...そして、アラン・ドロンは、私の憧れとなりました。


[追記]

 

 この頃、日本では、『太陽の季節』
(石原慎太郎の短編小説 1955年)が発表され、
 1956年に日活映画化されて、人気を博し、
そのタイトルから、当時の享楽的な若者は、
「太陽族」と呼ばれた。

 同じく"太陽"をモチーフとするも、しかし、
裕福な家庭に育った若者の無軌道な生き様を通して、
感情を物質化する"新世代を描く"と言うも、

 "仲間と酒・バクチ・女・喧嘩の自堕落な生活を送る"
青春像であり、今に始まった訳ではなく、
スビリットは、『太陽がいっぱい』に比べ得べくもない。
日活映画 『太陽の季節』 ポスター

また、今もドラマ「水戸黄門」が人気、日本人は、果たして、進化しているのだろうか。。




マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved