トイレの神様 植村花菜 YouTube音楽

音符|無料視聴◆YouTube音楽館 トップロゴ画像|YouTube(ユーチューブ)音楽のPVを無料視聴◆見て聴く、楽しいYouTube音楽館

トイレの神様 植村花菜
YouTube音楽

サイト紹介 description: トイレの神様 PV - 植村花菜 [YouTube 音楽] 発売2ヶ月前にラジオでon airされ、その直後からリクエストが殺到! '10/11/24
リリース 現在各方面で話題沸騰中の1曲です。自身と亡き祖母との思い出を歌った感動の曲。第61回 NHK紅白歌合戦」の歌唱曲ともなった。w
スポンサードリンク

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > YouTube音楽館 > トイレの神様 PV - 植村花菜

YouTube音楽 YouTube音楽 ユーチューブ pv jpop 無料音楽視聴 配信サイト

aGirl YouTube動画で、見て、聴いて、楽しい音楽♪ 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy トイレの神様 PV

音符|YouTube音楽館 「トイレの神様 PV - 植村花菜」

 

トイレの神様 PV - 植村花菜◆YouTube音楽 発売2ヶ月前にラジオでon airされ、
その直後からリクエストが殺到!
現在各方面で話題沸騰中の1曲です。
自身と亡き祖母との思い出を歌った感動曲



^^ ^^ ^^
トイレの神様 PV 植村花菜 JPOP おばあちゃん 第61回NHK紅白歌合戦 YouTube音楽

祖母の言葉や思い出、彼女自身の半生が、パーソナルな部分で表現された、
"号泣必須""10年に一度の名曲"と騒がれた本楽曲は、有線問い合わせチャートで第1位を獲得!し、
「2010年 第61回 NHK紅白歌合戦」の歌唱曲ともなった。


 

Perfume 女性3人組テクノポップユニット◆DVDジャケット

”トイレの神様”を探す!
トイレの神様
 - 植村花菜

植村花菜のシングル
作詞:植村花菜・
 山田ひろし
作曲:植村花菜
編曲:寺岡呼人

 

リリース
2010年11月24日

 トータルプロデューサーに寺岡呼人を迎え、彼女のパーソナルな部分を赤裸々に表現したミニアルバム『わたしのかけらたち』のリード曲。w
スポンサードリンク

2010年3月10日に発売された通算5作目のミニアルバム『わたしのかけらたち』に
収録されているリードナンバーである。

自身と亡き祖母との思い出を歌った曲で、小学校3年生から23歳頃までの実体験がベースと
なっている。アコースティック・ギター1本で伴奏が始まるが、最後はバンドとオーケストラのバックとなる

2010年2月、TOKYO FMで、
1か月期間限定番組『TOKYO FM MONTHLY SPECIAL 植村花菜?トイレの神様』が4回にわたって
放送された。この後も多くのラジオ番組等で流され、同年11月24日にはシングルカットされた。

同年12月30日の第52回日本レコード大賞で優秀作品賞および作詩賞を受賞し、
翌12月31日には『第61回NHK紅白歌合戦』で披露された。

2011年2月24日より花王「トイレクイックル『べっぴんさん編』」のCM曲として使用されている。


●制作の経緯
音楽プロデューサーに寺岡呼人を迎え、自己紹介を兼ねて自分の生い立ちなどを話して
いくうちに、亡き祖母の話になり、「それいいね。ぜひ曲にしよう」と言われた。

植村は「ホンマですか? 曲になりますか? タイトルも「トイレの神様」ですよ」と驚いたが、
最終的には曲作りに励むこととなった。彼女はいつも曲を先に作るいわゆる“ハメコミ作詞”だったが、

この曲では詞を先に作ることにした。出来た詞は作文のようで、また長かったが、
曲をつける際には本人が「降りてきました」と語るほど、素晴らしい曲に仕上がった。


●曲の長さについて
曲の長さは、約10分(アルバム、シングル収録のトラックでは9分52秒)におよぶ。
このような長い曲の場合、一般的にラジオでもかけやすいようにRadio Edit(=短くまとめた)バージョンを作るが、
この曲では詞の世界観を守ることを理由に作られていない。

フルコーラスにこだわる理由は、3番までで終わるとこの曲の一番の盛り上がりを
聴けずに終わってしまい、趣が半減されてしまうためである。


ただし、『第61回NHK紅白歌合戦』に出場の際には、歌詞はそのままで8分弱に短縮された
紅白バージョンを歌った。

植村は紅白初出場時の会見で「どこも削るところがないので全部歌わせて頂きたい」と述べた。
この発言に和田アキ子が自身が司会を務めるTBS系『アッコにおまかせ!』内で
「どんな歌だって削るところはない」と反論した。 ・・ 和田アキ子が正しい、私もそう思う。


●シングル
シングルは2010年11月24日にキングレコードからリリースされた。

当初は売上枚数が伸びなかったが、同年末のレコード大賞と『NHK紅白歌合戦』での披露後に
急上昇を果たし、2011年1月10日付のオリコンシングルチャートでは、前週の15位からジャンプアップし、
発売6週目にして、植村の初のオリコン首位獲得となった。
また、2011年1月17日付のオリコンシングルチャートで、前週に続き2週連続で首位を獲得した。


当時、シングルの2週連続首位は、Mr.Childrenの「HANABI」(2008年9月発売)が2008年9月15・22日付で
記録して以来、2年4ヶ月ぶりであった。女性アーティストでは、宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」(2007年2月発売)が
2007年3月12日 - 26日付で記録して以来、3年10ヶ月ぶりであった。

また、発売から1ヶ月以上が経過した作品では、森山直太朗の「さくら(独唱)」(2003年3月発売)が、
2003年5月12日 - 26日付の3週連続で首位を獲得して以来、7年8ヶ月ぶりであった。


.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*゜.:*・゜.:*・.:*・゜.:*


■植村花菜
うえむら かな、本名同じ、1983年1月4日-

日本の女性シンガーソングライター。
兵庫県川西市出身。

アコースティックギターによる弾き語りが
主なスタイル。

愛称は「カナちゃん」「カナ吉」。

2005年5月にシングル「大切な人」で
キングレコードからメジャーデビュー。

植村花菜

音符  音符  音符

 






マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved