おわら風の盆

バルーン|うるわしの家族旅行日記 トップロゴ画像|家族旅行日記◆うるわしの家族旅行日記

おわら風の盆

入道雲|うるわしの家族旅行日記
サイト紹介
description: おわら風の盆は、初秋の風が吹くころ、越中八尾町で催される民謡行事で、全国的にその名が知られ、ファンが多い。
おわら風の盆の情景は、幻想的、メルヘンチックで、その哀調の旋律と優美な踊りと相俟って人々を魅了し、訪れる人が絶えません。

スポンサードリンク

 

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > 家族旅行 > おわら風の盆旅日記

うるわしの家族旅行日記

   当サイトへようこそ!


リンクフリーです。
相互リンク募集中!


◇ 管理人 いそじん  うるわしの家族旅行日記管理人 いそじんへメール

 うるわしの家族旅行日記管理人 いそじん

マーク サイトマップ

 


タイトル画像1|うるわしの家族旅行日記トップ画像 - おわら風の盆|うるわしの家族旅行日記

 

 ようこそ ~おわら風の盆~

 

 全国的にその名が知られた、 サンクス^^
越中八尾町の民謡行事です。

 情景はメルヘンチックで、
人々を魅了し続けています♪


 じっくり見るなら、前夜祭が、
やはりオススメです。

 

  おわら風の盆は、初秋の風が吹くころ、越中八尾町で催される民謡行事で、全国的に
 その名が知られ、おわら風の盆のファンが多くいます。

  おわら風の盆の情景は幻想的で、その哀調の旋律と優美な踊りは、人々を魅了し続け
 て、訪れる人が絶えません。


  堪能したいと言うのであれば、前以て踊りを練習して、町流しに参加される事をオススメ
 します。当日、八尾曳山展示館にて、おわら踊り方教室が開かれており、それを利用され
 るのも手ですネ。w

 



 

スポンサードリンク

タイトル画像2|うるわしの家族旅行日記

 

風の盆

★ 表示サイズ「中」
で、ご覧ください!
                

 □ '05/08/下 おわら風の盆(九月一日〜三日) 富山県富山市八尾町

おわら風の盆 - ポスター
 初秋の風が吹くころ、二百十日の9月1日から3日にかけて催される「おわら風の盆」は、越中八尾町の風情ある歌い踊る民謡行事で、全国的にその名が知られ、風の盆のファンが多いのだとか。


 前から、おわら風の盆に、一度は行って見たいと思っていました。

 子供達が夏休みで帰省していたので、その話を出すと、流石「おわら風の盆」です、
子供達の関心も高く、即決で行く事になりました。


 期間中は、混雑で中々見れないのだとか。近くで見、楽しむには、比較的空いている前夜祭がいい、と地元の人から以前お聞きしていたので、28日に行きました。

案内板イベントマップ ただ前夜祭では、
1〜 2町内だけが
町流しと輪踊りを
行なうので、

 パンフ、案内板で、
行事日程の事前
確認が必要です。


 この日は、天満町と下新町でした。


記事 車でお昼前に町に着きましたが、まだ人気もなく、風の盆の気配がありません。

 取り合えず、車で素通りして、八尾の町中を見学です。山間の坂の町で、平地が殆どなく、隙間無く家が建てられていました。きっと、近所付き合いが濃いのでしょう。

 これが「おわら風の盆」を生み育てたのだ、と思われました。


諏訪町 北端の諏訪町に行きました。ここは「日本の道百選」に選ばれているのを家内が知ってたのです。

 道の両側に側溝を設けた、雪流しの道が、地形利用の知恵として評価されたとの事。


 それはそれとして、石畳が整い、 町並みが保存
されていて、とても綺麗で、江戸時代に作られたと言う当時の佇まいを偲ばせるものでした。オススメのグッドな観光ポイントです。


記事 引き返す途中に、越中八尾観光会館がありました。絢爛な曳山が3台展示してありました。八尾は、 かつて、養蚕、和紙などの商いで栄えた所だったとかで、八尾を下支える生活文化は元来高いのだと分からせてくれます。

 ホールは休みでしたが、毎月第2・第4土曜日に、おわら踊りが開催されていて、舞台踊り、三味線・胡弓の独奏、そして輪踊りに参加出来て「おわら」が楽しめるのだとか。
 う〜ん、知らなかった、残念!売店で、「おわら」の踊り練習用教本ビデオが売られていて、買って来ました。


 昼食に、創業100年、手打ちそば一筋、に目が行き、「高野」蕎麦屋で、とろろざるそばを食べました。
 ご主人から、八尾は縦に3キロある長い町で、おわら風の盆は、その中を11の支部が移動しながら踊るので、地図や行事をよく確認して、あちこちで効率よく見るのが上手な楽しみ方、と教わりました。
 今回は前夜祭なので地区限定ですが、当日は、バンフをよく見てが、必須です。


記事 直ぐ近くのおわら資料館に立ち寄り、おわらの歴史などを俄か勉強して来ました。おわら風の盆のビデオが見られ、おわらで使われる浴衣、法被、胡弓などが展示してありました。

 この資料館は、一度は立ち寄りたいスポットです。
 おわら資料館1 おわら資料館2 おわら資料館3 - 胡弓 胡弓


 胡弓は、大正時代に取り入れられたとか。日本の民謡に胡弓とは?と思っていただけに、納得しました。また、唄、踊り、音曲に、芸人衆の弛まぬ洗練が積み重ねられ、今日に至っている事を知り、合点しました。おわらを知るに、ここはオススメです。

 まぁ、そうでしょう。おわら踊りは、一連の農作業を表したもの、とありますが、素朴な趣を残しながらも、女踊りの優美さ、男踊りの勇壮な所作は尋常ではなく、一流芸のセンスあるレベルです。唄も音曲も、センスが光っています。

 そのアート性が、見る人を魅了して止まないのでしょう。


記事 そうこう合点している内に暗くなり、家並みに沿う雪洞に淡い灯が点り、風の盆の気分です。今日の開催地、川越えの南端にある天満町に急ぎました。

人が湧き集まり出して
 何処からともなく人が湧き集まり出して、みるみる道路際は、
人人人・・で、一杯です。
 前夜祭でこうなら、当日は、もっと凄いのでしょう!
「おわら風の盆」の人気の凄さを実感します。


風の盆 - 町流し 待つ事久しくして、涼しげな揃いの浴衣と半被の、編笠の若衆が町流しする姿が闇に浮かび上がりました。

 併せて、哀愁の漂う音色が聞こえ、それらが相俟り、その風情ある情景はとても幻想的で、日本のメルヘンに思えます。

幼子たちも、町流し
 誰もが、ただただ魅せられ、ウットリするのみで、
『おわら』に染まって行きました。

 年端もいかぬ幼子たちも、お姉さんに先導されながら、
嬉々として踊っています。微笑ましいです。^^




 天満町が終わり、今度は川向こうの下新町で、駆けて行きました。こちらも、もう人で
一杯でした。

舞台踊り - 男若衆舞台踊り - 女性若衆   町流しが終わり、八幡神社の
  境内で舞台踊りが行なわれていて
  、皆座って観劇です。

   じっくり見れて良かったのですが
  、う〜ん、風の盆の雰囲気は・・、

やはり「おわら風の盆」の雰囲気を味わえるのは、町流しが一番です。済みません。


記事 「おわら風の盆」は、八尾に暮らす人々が守り育んできた町民のお祭りでしたが、今や、マスコミに取り上げられ、当日は、山間のこの小さな町のこの行事に、大勢の人々が押し寄せて、混雑を極め、満足に見る事も出来ない状況なのだとか。

おわらの風情 「おわら」には、素朴でその土地らしい味わいがあり、優美な女達、力強く逞しい男陣、素朴に洗練された振り付け、哀調の唄、胡弓の咽ぶ音色、田舎の町並みが揃い踏みして、
 
日本の古き良き郷愁を醸し出す点に、他の民謡に比しても、際立った美しさがあり、言い知れぬ風情があり、それが沢山の人々を魅了させて止まないのでは、と感じた一日でした。



 全国に名の通った行事としては、珍しく、観光イベント的な要素は殆ど無い純なお祭りで、その事から、八尾の人は、おわらを愛し、おわらを生み育んだこの「八尾の町」を誇りに思い、 これからもこの民謡行事を大切にして行きたい、とするその想いが、見ている私達にも伝わって来ます。


 慌しくもありましたが、唄と踊りと胡弓の音に酔いしれる坂の町に来て、心豊かになった一日でした。八尾の町のみなさん、ありがとうございましたぁ〜!!


      花ライン


トピックス 風の盆の開催時期
 かつて風の盆は、お盆の 8月中旬に行われていたらしいのですが、町の人口が希薄になるその時期に祭りを続行する事を、懸念する声が少なくなかったとか。
 で、当時、太陰暦から太陽暦へ統一された事を機会に、旧暦のお盆に当たる9月初旬に改められた、と言われています。

宮田旅館
トピックス 宮田旅館 (富山市八尾町西町2267 tel: 076-455-2011)
 タレントの柴田理恵さんは、越中八尾町の出身で、母親の実家が宮田旅館を営んでいた事もあって、風の盆の時はいつも旅館の手伝いをして、夜中の 12時頃から「おわら」に出掛けたんだとか。

 昼の八尾町の観光散策に、宮田旅館を追加されてはどうでしょうか。^^


トピックス おわら風の盆の動画

おわら風の盆|YouTube動画YouTube動画
にありました!


町踊りです。



 おわら風の盆の哀調の音曲と
優美な踊りを、ご堪能下さい!

 


トピックス リンク

 ・八尾町 おわら資料館 マップ

 

当レビューサイトは、
Yahoo!マップにも、
掲載されています!

← 富山県富山市
八尾町東町周辺地図

 

左肩の[−] [+]で、
縮小、拡大します。

 

右肩の[写真]で、
上空からの、衛星写真
が見られます。

 ・おわら風の盆 「おわら風の盆」の総合案内があります。


                                                  ページトップへ


  《メニューリスト》

メニューアイテム うるわしの家族旅行日記 Top

メニューアイテム 家族旅行
小説「雪国」☆越後湯沢
おわら風の盆
吹割の滝☆上毛カルタ
ロックハート城☆大理石村
館林つつじまつり
木曽路の旅
日光江戸村
厳島神社☆姪の結婚式

メニューアイテム ペット犬と家族の日々

メニューアイテム 楽しき家庭菜園

メニューアイテム ガーデニング写真館

メニューアイテム 粋なCM動画集

メニューアイテム YouTube音楽館 おすすめメニュー|見て聴く、楽しいYouTube音楽館

 

YouTube動画の表示スペック
YouTube音楽の保存と再生
YouTube動画系の便利ツール
iPodでYouTube音楽を視聴

メニューアイテム 趣味
PCゲームの部屋
黄金比と白銀比の謎
不思議・謎・びっくり発見! おすすめメニュー|世界の不思議・謎・びっくり発見!

メニューアイテム 中島飛行機
中島飛行機の現存機
中島飛行機の遺品
彩雲を求めて
  〜南の島探検記



メニューアイテム リンク集 <素敵なサイト>

メニューアイテム 相互リンクに付いて


メニューアイテム プロフィール




スポンサードリンク




うるわしの家族旅行日記 キャラクター

マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved
入道雲|うるわしの家族旅行日記