雪国の越後湯沢

バルーン|うるわしの家族旅行日記 トップロゴ画像|家族旅行日記◆うるわしの家族旅行日記

雪国の越後湯沢

入道雲|うるわしの家族旅行日記
サイト紹介
description: 越後湯沢は、小説「雪国」と温泉が楽しめる町、オススメ! 越後湯沢と言えば、ロマン溢れる川端康成の小説 『雪国』
の世界でもあり、その観光をしない手はありません。 勿論、温泉に浸かり骨休めもするんです。 駒子の湯もありました。^^

スポンサードリンク

 

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > 家族旅行 > 小説「雪国」の越後湯沢

うるわしの家族旅行日記

   当サイトへようこそ!


リンクフリーです。
相互リンク募集中!

◇ 管理人 いそじん  うるわしの家族旅行日記管理人 いそじんへメール

 うるわしの家族旅行日記管理人 いそじん

マーク サイトマップ

 



タイトル画像1 - 川端康成自筆の色紙|うるわしの家族旅行日記
トップ画像 - 越後湯沢|うるわしの家族旅行日記

 

 ~ 小説「雪国」の越後湯沢 ~

 越後湯沢は、小説「雪国」と温泉が
楽しめる町♪ オススメです。

                    サンクス^^
 
←← 川端康成自筆の色紙
 
← 息子と娘が、イキナリ主人公に!(o^o^o)

 

  「越後湯沢」と言えば、ロマン溢れる川端康成の小説「雪国」の世界でもあり、
 その観光をしない手はありません。


  勿論、越後湯沢の温泉に浸かり、骨休めもするんです。^^


 メモ:小説「雪国」関係のハイライトは、雪国の宿「高半」にある、かすみの間 "文学資料館"
     です。入館料を払えば、見せて貰えます。勿論、宿泊の方は無料となっていますよ。


 



 

スポンサードリンク





★ 表示サイズ「中」
で、ご覧ください!
                

 □ '03/05/下 小説「雪国」の越後湯沢 (新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢)


 私の誕生日祝いを、家族でしてくれると言うありがたいお話しがあり、私の希望で、越後湯沢で催す事にして貰いました。そして、母も誘って、今まで殆ど無かった、三世代揃っての観光、温泉旅行に出掛けました。


 関越道の越後湯沢ICで降り、国道17号を通って、越後湯沢駅の方に向かいました。

雪国の碑 早くも「雪国」に係わる碑がありました。越後湯沢駅東口の道沿いの主水公園に、有名な、「雪国」の書き出し、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」が、川端康成自身の書体そのままに刻み込まれている「雪国の碑」がありました。

 ここで記念写真をパチリ。でも、これ、ここに在る謂われが分からず、残念でした。


 新幹線の高架下をくぐると、旧17号の越後湯沢町の温泉街に抜け、雪国の生活が感じられる風情のある通りに出ました。


 温泉通りに面している、越後湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」に入りました。

歴史民俗資料館「雪国館」 雪国ならではの文化や暮らしぶり、小説「雪国」にまるわる絵画・資料など、川端康成の特別展示室、『雪国』の展示コーナー、松栄姐さんが住んだ置屋を再現した「駒子の間」などが特設されていました。『雪国』の展示コーナー

 松栄さんのスキー姿の写真があり、この時代にあって、彼女の飛翔ぶりが伺え、
 小説のイメージとはちと違って、今で言うナウイ女性であった事が分かります。

 「雪国」越後湯沢の生活の、季節の移り変わりがジオラマ風に展示されていて、湯沢町の歴史や文学資料など、越後湯沢町の情報が満載でした。


 越後湯沢を知るには、本当は冬に訪れるべきなんでしょう。しかし、例年3メートルもの積雪があるのだとかで、実際には車では厳しいですよネ。

 でも、積雪した越後湯沢では、生活道路を確保するための設備があり、作業が行われいて、雪国ならではの遊びや風習もあり、それも見るのが「雪国」の観光なのでは、と思われ、冬に再訪の挑戦をしてみょうか、と思いました。


雪国の宿 「高半」 小説「雪国」関係のハイライトは、雪国の宿 「高半」にある、かすみの間「文学資料館」です。入館料を払えば、見せて貰えます。勿論、宿泊の方は無料となっています。

 「高半」は高台にあって眺望が素晴らしく、川端康成はここがとても気に入り、ここを舞台にして、小説「雪国」を書いたのだとか。

かすみの間 昭和 9年から 12年の 3年間に渡り、川端康成が滞在し、執筆した「かすみの間」が、当時のまま保存されています。
 川端ファンならずとも、必見です!

 他、「雪国」の世界の展示室があり、川端康成直筆の「雪国」の書き出しの色紙もありました。
 また、恋仲になった松栄さんが、宿の人に隠れ息を潜めたと言う小さな控えの間があり、当時のやりとりを彷彿とさせてくれます。


 松栄さんの18才時の写真がありました。
中々の美人です。
 実際、川端康成とは、どの様な恋物語が
あったのでしょうか。w

かすみの間への入り口松栄さん
「かすみの間」


 池部良、岸恵子他の映画化された「雪国」に係わる資料が満載で興味が尽きません。越後湯沢での雪の中の撮影現場を、川端康成が訪れた時の写真、記事があり、
「雪国」の映画化に、並々ならぬ関心を持っていた事が分かります。

 また映画「雪国」のビデオが放映されてて、女性陣は見入ってしまい中々席を立とうとしません。

映画「雪国」の資料展示1映画「雪国」の資料展示2映画「雪国」の資料展示3映画「雪国」の資料展示4



 山間の時間は早く、もう薄暗く夕方になり、子供達が、東京から新幹線で来る事になっており、迎えに、急ぎ越後湯沢駅に行きました。家族そろって夕食会

 子供達を拾い、越後湯沢の温泉ホテルに宿泊し、その夜は、私の誕生日祝いの夕食会をして貰い、家族一同から、祝福を受けました。


 翌日は、子供達も「雪国」を見たいと言うので、已む無く、再度、歴史民俗資料館、文学資料館を、訪れました。

 歴史民俗資料館の前では、穴から顔を出すと、俄か島村、駒子になれるボードがあり、家内は嫌がったので夫婦では実現しませんでしたが、子供達は遊び心いっぱいで、
てらいも無く並んで立ち、写真をパチリ息子と娘が、イキナリ主人公に!です。^^


 まだ色々と記念碑があったのですが、時間切れで、心残りながら越後湯沢を後にしました。


記事 「雪国」の書き出し
 「雪国」の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という冒頭は、近代文学の中でも有名な書き出しの一つですが、この作品が生まれた背景に、清水トンネル貫通による上越線全通という事実があった事は、注目すべき点です。

 上越国境の谷川連峰の地下を貫通する清水トンネルは、完工まで十年を要した大事業だったとか。
 その完成で上越線が全通したのは昭和6年で、湯沢が新潟県の新たな入り口となり、それまで長野経由の信越線で新潟県に入っていた東京からの旅行者は、トンネルを抜けると、いきなり雪国の景観を目にする事となり、冒頭の書き出しは、旅行者の実感であったのです。

 川端康成の越後湯沢への来遊は、このトンネル完工後間もない昭和9年6月で、もし、清水トンネルの完工が遅くなっていたら、「雪国」はどうなってたのでしょうか。


      花ライン


トピックス 湯沢の湯めぐり
 湯沢といえば、なんといってもお湯どころで、公営の温泉公衆浴場が6ケ所もあります。

駒子の湯1 その中でも、「駒子の湯」がオススメで、下駒子の湯2宿にあるこの共同浴場は、小説「雪国」の駒子にちなんだ温泉とあって、風情は満点です。

 ゆったりと湯に浸り思いを馳せれば、心は小説の世界へ、です。

 行楽のお帰りに、気軽にお立ち出来る、お得な"外湯めぐり券"もあります。


トピックス リンク
 ・湯沢温泉 雪国の宿 高半 川端康成が滞在した「かすみの間」が保存されています。


                                                  ページトップへ


  《メニューリスト》

メニューアイテム うるわしの家族旅行日記

メニューアイテム 家族旅行
小説「雪国」☆越後湯沢
おわら風の盆
吹割の滝☆上毛カルタ
ロックハート城☆大理石村
館林つつじまつり
木曽路の旅
日光江戸村
厳島神社☆姪の結婚式

メニューアイテム ペット犬と家族の日々

メニューアイテム 楽しき家庭菜園

メニューアイテム ガーデニング写真館

メニューアイテム 粋なCM動画集

メニューアイテム YouTube音楽館 おすすめメニュー|見て聴く、楽しいYouTube音楽館

 

YouTube動画の表示スペック
YouTube音楽の保存と再生
YouTube動画系の便利ツール
iPodでYouTube音楽を視聴

メニューアイテム 趣味
PCゲームの部屋
黄金比と白銀比の謎
不思議・謎・びっくり発見! おすすめメニュー|世界の不思議・謎・びっくり発見!

メニューアイテム 中島飛行機
中島飛行機の現存機
中島飛行機の遺品
彩雲を求めて
  〜南の島探検記



メニューアイテム リンク集 <素敵なサイト>

メニューアイテム 相互リンクに付いて


メニューアイテム プロフィール




スポンサードリンク




うるわしの家族旅行日記 キャラクター

マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved
入道雲|うるわしの家族旅行日記