隕石 地球 衝突

不思議 謎|不思議・謎・びっくり発見! 動画集 びっくり|不思議・謎・びっくり発見! 動画集 トップロゴ画像|不思議 謎 びっくり 動画◆趣味〜世界の不思議・謎・びっくり発見!動画集

隕石が地球に衝突

オリーブライン|不思議・謎・びっくり発見! 動画集オリーブライン|不思議・謎・びっくり発見! 動画集オリーブライン|不思議・謎・びっくり発見! 動画集
サイト紹介 description: 巨大隕石が地球に衝突するシミュレーション映像 - 不思議・謎・びっくり発見! 地球に、直径400kmの巨大隕石が72000km/h
の速度で衝突したら、何が起こるのか? 恐竜絶滅の二の舞、人類危うし!ショッキングなシミュレーション映像。こんなの来ない事を祈るばかり。

スポンサードリンク

 

ホームトップ|うるわしの家族旅行日記 うるわしの家族旅行日記 Top > 趣味 > 不思議・謎・びっくり発見! 動画集 > 巨大隕石地球衝突するシミュレーション映像

不思議・謎・びっくり 不思議・謎・びっくり発見!

aGirl 動画で、見て、聴いて、この世のオドロキ、ミステリーを楽しんで下さい。 見やすいサイトで、快適閲覧! aBoy 隕石地球衝突


「巨大隕石が地球に衝突するシミュレーション映像」 一覧に戻る

巨大隕石が地球に衝突するシミュレーション映像 巨大隕石衝突シミュレーション!
地球に、直径400kmの巨大隕石が
72000km/hの速度で衝突したとき、
一体、何が起こり、どうなるのか?
こんなの来ない事を祈るばかり。。



^^ ^^ ^^
巨大隕石が地球に衝突するシミュレーション 不思議・謎・びっくり発見!

 




恐竜の絶滅、いわゆる"白亜紀末の大量絶滅"に、巨大隕石落下説が有力視されています。

三畳紀からジュラ紀〜白亜紀に繁栄していた恐竜は、約6500万年前に突如として絶滅しました。
アンモナイトが絶滅したのもこの時期で、全ての生物種の70%が絶滅したと考えられています。

その原因に、巨大隕石が地球に衝突し、発生した火災と衝突時に巻き上げられた塵埃が太陽の光を
遮ることで、全地球規模の気温低下を引き起こし、大量絶滅に繋がったという隕石説が最も有力になって
おり、メキシコ-ユカタン半島のチクシュルーブ(Chicxulub)の村にあるチクシュルーブ・クレーターは、
隕石(小惑星)衝突の跡で、
この衝突が恐竜の絶滅ないし中生代の終焉(K-T境界)をもたらした
原因の一つと考えられています。

クレーターは地下約1000mの地底深くに埋没しており、中央のドームは約180km、クレーターの
直径は約300kmで、衝突した小惑星の大きさは、直径約10km程度のもので、衝突時のエネルギーは、
TNT火薬相当で80Tt、広島型原爆の50億倍程度、を超えたと推定されています。

不思議!  謎!  びっくり!

 

スポンサードリンク

白亜紀とそれにつづく第三紀の地層の境界は、全世界的に共通して分布する薄い粘土層に
よって規定され、その粘土層(K-T境界)からは、全世界的に高濃度のイリジウムが検出されています。
イリジウムは地表では希少な元素である反面、隕石には多く含まれており、
K-T境界のイリジウムは、地球に衝突した隕石によって全世界にばら撒かれたと考えられ、
これが隕石説の最初の有力な証拠とされています。

後に、同じ層から、衝撃に伴う高圧環境の発生を示す衝撃石英(Shocked Quartz)やダイヤモンド、
大規模な火災が発生したことを示す「すす」も見つかっており、これらの証拠によって、
隕石説は検証され補強されました。・・しかし、イリジウムに関しては、むしろ衝突時の衝撃で捲り上げられた
地殻深部由来であると考える説もあります。

この推論に疑問を呈する意見が幾つかありますが、それらを支持する証拠は見つかっておらず、
いずれも有力な説とはなっていません。


大量絶滅の直後には、空席になったニッチ(生態的地位)を埋めるべく、生き延びた
生物による急激な適応放散がおき、恐竜が絶滅したことにより、白亜紀には少数派であった哺乳類は、
急速に多様化・大型化が進み、生態系の上位の存在として繁栄を享受することとなり、
幸運にも、いまなお、現代に続いています。

しかし、毎日、多数の隕石が地上に降り注いでおり、殆どが流れ星となって焼失していますが、
いつかは巨大隕石が地上に落ちてきて、、人類、いえ地球上の生命体全部の生存は危うし!!
と言うショッキングなシミュレーション映像です。


 小惑星 地球をかすめて通過! 【ワシントン時事 2009年3月7日】

 NASAは、小惑星が2009年3月2日に地球をかすめるように通過していたことを明らかにした。
地球からのその距離は、約7万6000`! 地球と月の距離(38万4000`)の約1/5だった。

 「DD45」と名付けられたこの小惑星は、直径21〜47b、秒速約8.8`で、大きさは、1908年にシベリア上空で爆発し、山林を焼失させた物体とほぼ同じ大きさだと言う。

 NASAは、地球に接近する可能性がある小惑星や彗星は、これまでに約6000個を発見しており、うち約1000個が地球に衝突する潜在的危険性があると判断している、とのことです。^^;;;





マーク プライバシーポリシー Copyright (C)  うるわしの家族旅行日記  All Rights Reserved
オリーブラインオリーブラインオリーブライン